サラリーマンの税金計算ツール
スポンサーリンク

年収666万円の住民税・所得税・手取り額はいくら?【2020年版】

年収666万円の住民税・所得税・手取り額はいくら?【2020年版】

年収666万円のサラリーマンの住民税、所得税、社会保険料、手取り額を計算すると、住民税は35.4万円、所得税は26.6万円、社会保険料は94.7万円、手取り額は509万円になります。年収や世帯構成などを変更して再計算することもできます。(2019/08/08更新)

スポンサーリンク

年収666万円の住民税・所得税・手取り額の計算結果

年収666万円のサラリーマンの場合、住民税は35.4万円、所得税は26.6万円、社会保険料は94.7万円、手取り額は509万円になります。

スポンサーリンク

年収666万円付近の税金と手取り額

年収666万円あたりの税金と手取り額をそれぞれ計算するとこのようになります。

年収住民税所得税手取り
661万円35万円25.8万円506万円
662万円35.1万円26万円507万円
663万円35.2万円26.1万円507万円
664万円35.3万円26.3万円508万円
665万円35.3万円26.4万円509万円
666万円35.4万円26.6万円509万円
667万円35.5万円26.7万円510万円
668万円35.6万円26.9万円511万円
669万円35.6万円27万円511万円
670万円35.7万円27.2万円512万円
671万円35.8万円27.3万円512万円

10万円刻みだとこのようになります。

年収住民税所得税手取り
616万円32.1万円21.6万円475万円
626万円32.7万円22.2万円482万円
636万円33.4万円22.9万円489万円
646万円34万円23.8万円496万円
656万円34.7万円25.2万円503万円
666万円35.4万円26.6万円509万円
676万円36.2万円28.1万円516万円
686万円36.9万円29.6万円522万円
696万円37.7万円31.1万円528万円
706万円38.4万円32.6万円534万円
716万円39.2万円34.2万円541万円

税金の計算内容

ここからは年収666万円のサラリーマンの住民税35.4万円と所得税26.6万円の計算内容を詳しく説明します。

給与所得控除の計算

まず、住民税も所得税も給与所得控除という仕組みがあります。

給与所得控除とは簡単に言うと

「給料もらって仕事していればスーツやカバンや靴とかでお金がかかるだろうから、その分は税金払わなくていいよ。」

という仕組みで、税金を計算するときはこの額を経費として引いてから計算して良いことになっています。

年収ごとの給与所得控除額はこのようになっています。

給与収入給与所得控除額
65万円まで全額
162.5万円まで65万円
180万円まで収入 x 40%
360万円まで収入 x 30% + 18万円
660万円まで収入 x 20% + 54万円
1000万円まで収入 x 10% + 120万円
1000万円以上220万円

年収666万円の場合は660万〜1000万円の範囲となって、給与所得控除額は187万円となります。

年収666万円 x 10% + 120万円 = 給与所得控除 187万円
スポンサーリンク

社会保険料の計算

健康保険、厚生年金、雇用保険といった社会保険料として支払った分も控除されて課税の対象になりません。

健康保険は治療費を安く済ませるための保険で、病院で治療をした時に治療費の30%の支払いで済むようになります。

厚生年金は年金の上乗せ分で、厚生年金を払っているとその分支給される年金が結構上乗せされます。

雇用保険は仕事をしていない期間にお金をもらうための保険で、加入していると失業時には失業保険が、育児休業時には育児休業給付金がもらえたりします。

このあたりの社会保険料もほとんど税金のようなものなので、税金を計算する際は収入から引いて計算することができます。

年収666万円の場合は健康保険料が33.2万円、厚生年金が58.2万円、雇用保険料が3.33万円で、社会保険料の合計は94.7万円となります。

スポンサーリンク

住民税と所得税の基礎控除額

住民税と所得税には基礎控除があって、この額も税金を計算する時に収入から引くことができます。

住民税の基礎控除は33万円、所得税の基礎控除は38万円となります。

スポンサーリンク

住民税と所得税の控除合計額

ここまでの控除額を合計すると、年収666万円のサラリーマンの住民税を計算する時に年収から引くことができる控除合計額は314万円となります。

給与所得控除 187万円 + 社会保険料控除 94.7万円 + 基礎控除 33万円 = 住民税控除額 314万円

また、所得税の控除合計額は以下の通り319万円となります。

給与所得控除 187万円 + 社会保険料控除 94.7万円 + 基礎控除 38万円 = 所得税控除額 319万円
スポンサーリンク

住民税と所得税の課税対象額

年収から控除額を引いた金額が課税対象額となります。

年収666万円のサラリーマンの場合、住民税の課税対象額は352万円となります。

年収666万円 - 住民税控除額 314万円 = 住民税の課税対象額 352万円

また、所得税の課税対象額は以下の通り347万円となります。

年収666万円 - 所得税控除額 319万円 = 所得税の課税対象額 347万円
スポンサーリンク

住民税、所得税、手取り額の計算

住民税の課税対象額に標準税率の税率10%を掛けて、均等割5000円を足して住民税の額を計算すると35.4万円となります。

住民税の課税対象額 352万円 x 住民税の所得割 10% + 住民税の均等割 5000円 = 住民税 35.4万円

所得税については課税対象額ごとの税率がこちらの表のようになっています。

課税対象額税率控除額
195万円まで5%なし
330万円まで10%9.75万円
695万円まで20%42.75万円
900万円まで23%63.6万円
1800万円まで33%153.6万円
4000万円まで40%279.6万円
4000万円以上45%479.6万円

課税対象額が347万円の場合は税率が20%で控除額が42.8万円なので、所得税の額を計算すると26.6万円となります。

所得税の課税対象額 347万円 x 所得税率 20% - 控除額 42.75万円 = 所得税 26.6万円

ここまでの計算で年収666万円のサラリーマンの社会保険料が94.7万円、住民税が35.4万円、所得税が26.6万円となるので、手取り額は509万円となります。

年収666万円 - 社会保険料 94.7万円 - 住民税 35.4万円 - 所得税 26.6万円 = 手取り 509万円
スポンサーリンク

まとめ

年収666万円のサラリーマンの住民税、所得税、手取り額の計算はこのようになりますが、年収や家族構成を入力して再計算する場合はこちらから計算してみてください。

年収万円
独身 / 既婚


16歳以上の子供の数
都道府県

年収以外は空でも計算できますが、それぞれ入力していただくとより正確に税金や手取り額が計算できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク