サラリーマンの税金計算ツール
スポンサーリンク

結婚世帯の住民税・所得税・手取り額はいくら?【2019年版】

結婚世帯の住民税・所得税・手取り額はいくら?【2019年版】

年収、エリア、子供の人数などを入力して、結婚世帯のサラリーマンの住民税、所得税、社会保険料、手取り額などを自動計算します。子供の年齢(小学生、中学生、高校生、大学生など)にも対応しています。(2019/08/08更新)

スポンサーリンク

年収、エリア、子供の人数などの入力した内容に応じて住民税・所得税・手取り額を自動計算します。

収入を入力

年収万円

年収を入力してください。

結婚世帯の年収200万円〜年収800万円のサラリーマンの住民税、所得税、手取りはこのようになります。

年収住民税所得税手取り
200万円3.01万円8778円168万円
300万円8.58万円3.67万円245万円
400万円14.6万円6.66万円322万円
500万円21.1万円10.1万円398万円
600万円27.7万円16.7万円470万円
700万円34.7万円24.1万円542万円
800万円42.3万円39.3万円605万円

ただし、ここでは夫婦の片方が働いている場合の税金を計算をしています。

エリアを入力

都道府県

お住いの都道府県を選択してください。エリアによって住民税の税額が変わります。

スポンサーリンク

子供の人数を入力

子供の人数によっては扶養控除が効いて住民税・所得税が少なくなる場合があります。

ただし、扶養控除が効くのは高校生(正確には年末時点で16歳以上)からになります。

なので、16歳以上の子供がいる場合はその人数を入力して計算してみてください。

16歳以上の子供の数
スポンサーリンク
スポンサーリンク